TEL:077-576-8222

大切な貴方のために遺言書を書こう

本日の弊社は、福井県敦賀市、滋賀県大津市、湖南市の

生前整理、異物混入防止対策にお伺いしました。

 

今、壇蜜さんのような方を探している美鈴環境の鈴木です。

来年に向けて、CMの作成をしたいのですが、

壇蜜さんのようなイメージが合うのではないかという意見があり、

探している次第であります。

本当に、見つかるのでしょうかw

 

さて、今日は生前相談から、相続1000兆円時代のお話です。

家庭裁判所には、相続を巡って、

年間10万件を超す相談が寄せられています。

親兄弟でも遺産の配分に対する不満が噴き出し、

「争族」になるケースが絶ちません。

 

特に、数百万くらいの現金・預貯金、

不動産のみという分けられないパターンが多いといわれています。

そこで、生前対策をすることで、

このような争族にならないように防止することができます。

 

「うちの兄弟は仲がいい」

このパターンは、一見安心できそうですが、

配偶者や家族が、どのように感じているかが大きく鍵を握ります。

 

そして、近頃では信託に需要が増しています。

故人の資産を調べて目録を作り、

相続後の名義変更や換金などを手がける遺産整理

遺言保管はリンクして増加をたどっています。

※信託は通常4~6ヶ月

 

やはり、個別具体的に記載した

公正証書遺言を残すと効果があると、

税理士の先生は話されます。

 

さらに、持ち家と金融資産を合わせて、

高額や事業承継が絡むケースを除き、

数千万円から1億6000万円までなら、

配偶者に全財産を相続させておくのが良いともいいます。

 

というわけで、

この先、争族を1件でも減らすために、

あらゆる動きが予想されますので、

注目しておくことをおすすめします。

ただし、いかに節税するかのワザが公開されるわけでは、

ありませんし、そのような考えは間違っておりますし、

時と場合によっては、大きな代償を背負うこともあるので、

ご理解いただきたいところであります。

 

滋賀・京都の相続に関するご相談は

こちらまでご連絡ください ↓

https://misuzu-eco.com/?page_id=209