TEL:075-778-5069

正規の見積もりなのに負ける悔しさ

皆さん、こんにちは。
『困ったを助ける』お助けメソッドのミスズマンです。
よろしくお願いします。

2月1日の日本経済新聞でこのような
「違法業者に注意」という記事が上がりました。

当社も生前整理・遺品整理の仕事を
忙しくさせて頂いているのですが、
相見積もりになった時に、
非常に悔しい思いをすることがあります。

まずは、この記事についてお話したいと思います。

使わなくなった家電や家具を引き取る廃品回収業者による
トラブルが、国民生活センターに相談電話が押し寄せる。

ネット広告に注意

ネット広告には「無料回収」「最安」という文言で、
お客様は飛び掛かります。
しかし、頼んでみると高額請求という
地獄が待ち構えているようです。

関東在住の30代の女性は、見積もりを依頼し、
「軽トラック1台25,000円」の説明を受けたのです。
しかし、訪問した業者は

「家具は、ばらさないといけないから追加費用がかかる」

とのことで最終請求額が、
14倍に膨れ上がったとのことです。

私は、よく生前整理・遺品整理のセミナー講師で
お話させて頂きますが、時々こんな声があがります。

ゴミにお金がかかると思わなかった

びっくりするのですが、意外と多いのです。
だって、ルート(毎週何曜日は燃えるごみ)で
回って来られて、いつも捨ててますものね。
そこで、一回一回お金払ってませんから分からないのです。

でも、皆さん税金で払っています。
そして、ゴミ屋さんも捨てに行くのにお金を払います。
人が働いているので、お給料だって支払わなくてはいけません。

無料なわけがありません。

で、今回の記事ですが、
軽トラ1台が14台に変わったとなると、
そもそも1台で入る量では無かったと思うのです。

最近、本当に遺品整理業に
参入してきている業者が増えています。

当社にも、「やり方教えて欲しい」「仕事回して欲しい」
「知り合いが始めたから教えてあげて欲しい」

などの問い合わせがきます。
でも、当社もゴミ屋さんではありません。
だから、家庭ゴミは
「一般廃棄物収集運搬許可」を持った業者に依頼しています。

ですから、教えられることは、
一般廃棄物収集運搬許可を持った会社と
提携してくださいとしか言えないのです。

家財を外に出すのが、当社の仕事で
運搬処分するのがゴミ屋さんの仕事です。

ここがポイントです。
まず、この軽トラック廃品回収業者ですが、
間違いなく産業廃棄物収集運搬です。

そもそも、家庭ゴミを運ぶことが出来ないのに、
運んで会社のゴミとして捨てるのですから、
違法です。

なのに、こんな業者と相見積もりになると、
高確率で負けるのです。
こちらは、正規の手段で算出しているのにも関わらずです。

しかし、こんなケースもあります。

一般廃棄物収集運搬の業者に断られる

遺品整理などの仕事はしないと言われるパターンです。
この場合は、さすがにツラいですね。
クリーンセンターにも運べない場合は、
もう産廃業者しか難しいですよね。

というわけで、
相見積もりになったお客様のほとんどが、
一般廃棄物収集運搬許可を持っていないので、
注意して頂きたいと思います。


生前整理・遺品整理の
お問い合わせは、
こちらまでご連絡ください↓
077-576-8222 (代表)

お見積りフォーム