TEL:075-778-5069

家庭ごみを捨てるルール

皆さん、こんにちは。
ミスズマンこと美鈴環境サービスの鈴木です。

今日は、

家庭ごみを捨てるルール


についてお話したいと思います。

皆さんが、毎週決まって
何気なく所定の場所に持っていってる
お家のゴミって誰が持っていかれるか
ご存じでしょうか?

若いお兄さんが、
いつも運んでくれていますが、
彼らは、行政指定の一般廃棄物運搬業者です。

特殊な市町村指定の業者なので、
ほぼ参入できない事業となっており、
かなり限定された方々になります。

ゴミ屋さんは、
新しく生まれるどころか、
むしろ減らしていく傾向があるといいます。

特に、産業廃棄物に対しては、
行政も目を光らしており、
ちょっとおかしなことをしたら、
すぐに処分がくだります。

減らそうとしているのですから、
むちゃくちゃ怖いと思います。

廃業となるわけですから
変なことは出来ないのです。

また家庭ごみは、
どこまでいっても一般廃棄物なので、
このルールはちょっと知っておく必要があります。

しかし、一般廃棄物運搬業者さんは
何でも持って行ってくれるわけではなく、
結構、制限が多くて厳しいです。

例えば、液体・灰はNGですし、
玄関先や庭にある廃材もダメ。
ブロックや石もダメな場合もあります。
布団やじゅうたんも市によっては
制限があります。

というわけで、
いざという時に、
これも持って行ってもらえない
あれも持って行ってもらえないなんて
ことが起こらないように、

生前整理で対策されることを
おすすめします。


生前整理・生前対策は
こちらまでご相談ください。

美鈴グループ
相談窓口 社会整理士育成協会

お問い合わせメールフォーム