TEL:077-576-8222

コンプライアンスとゴミを如何に減らすかに取り組む

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンこと
美鈴環境サービスの鈴木です。

今日は、美鈴環境サービス
生前整理・遺品整理専門部の
今後の取り組みについて公開したいと
思います。

先日、行ったご遺品整理では、
非常にたくさんのリサイクル・リユース品を
取ることが出来ましたので、
非常にお安く処分できました。

宇治市戸建の店舗兼住居の遺品整理にお伺いしました。店舗の不用品は産業廃棄物になります。 宇治市戸建の遺品整理にお伺いしました。雨の日の階段は要注意です。

ご自宅兼店舗でしたので、
ご自宅部分は、当然一般廃棄物となり、
市区町村の管轄で、運搬は委託になります。


店舗のモノは、産業廃棄物となりますので、
別扱いになります。

当社はSDGsの取り組みを行っており、

➀いかに不用品を減らせるか


今後は、自社がこの部分に
力を入れることになります。

ただ、現状も活動してます。
委託している会社が、
素晴らしい取り組みをしているのです。

当社の場合は、
自社でリサイクル・リユース
出来ない場合でも、そういった会社と
連携を組むようにしていますし、

業務提携している一般廃棄物処理業者も
今後もより一層環境にやさしい取り組みを
されると宣言されてますので、
当社にお願いして間違いないと思います。

先日、便利屋をしている人が、

「私も遺品整理や不用品回収をしています」



と言っていました。

しかし、便利屋って、
家の不用品を運搬できないんですよね。

なのに、平然と言うんですよ!
たぶん、誰でも出来ると思ってるんです。

法違反を犯しまくりです。
これは、依頼したお客様も注意が必要です、


また先日、見積もり依頼があった
お客様にこのルールを説明しました。

すると、
「お金が無いから安い会社にお願いする」


と仰いました。
これでは、正しくしている方が
ビジネスにならないのです。

というわけで、

②法規制に沿ってコンプライアンスを守る


当たり前のことですが、
この2点を重要視して取り組んでいきます。

また、産業廃棄物の収集運搬も
商圏を拡げていけるようにしようと思います。


認知症になっても大丈夫!
おひとりさまでも大丈夫!
生活保護を受けておられても大丈夫!

生前整理・家財整理に
お困りの際は、
お問い合わせください

077-576-8222

お見積りフォーム