TEL:077-576-8222

タンスの最後の引越し

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンこと
美鈴環境サービスの鈴木です。


今日は、アパートの生前整理にお伺いしました。
本当に立派な3点セットの大きなタンスで、
天井近くまであるものでした。

京都市の生前整理、タンスの処分にお伺いしました。タンスにとっては最後の引っ越しです。 京都市の生前整理、ガラスの部分は割れないようにテープを張ります

もちろん、解体をせずには
玄関ドアからは、出せないレベルです。

昔は、和ダンスや桐のタンスは、
お洒落とステータスもあり、
憧れて購入したものですが、

近頃は、大きなタンスは
リサイクルショップからも
好まれないのでほとんど処分されます。

今回のお客様は、
まだ50代のお若い方でしたが、
自分の体力があるうちに、
娘さんに迷惑をかけないようにと
処分を覚悟されました。

このタンスが我が家に来た時、
どんな感じだったのでしょうか?

なぜ買おうと思ったのか?

「〇〇だからそろそろ買い替えようか!」

こんな夫婦のやり取りもあったでしょう。

このタンスを購入するのに、
家具屋へお出かけして、

「これだったら娘の代まで使えるなぁ」

設置完了した時の感動、
服を順番に並べて掛け、

「この列はお母さんの、ここは私の・・・」

そんな光景が目に浮かびます。

そんな思い出なんかを振り返ると、
タンス1竿でも想いや命がすり込まれています。


私は、そういった妄想もしつつ、
今回も大切に使ってこられた
想いや命が宿っているタンスの
最後のお引越しをさせて頂きました。

購入するときは、
思い切って高額なお金を支払い、
捨てる時にもお金がかかる時代です。

じゃあ、どうせ捨てるなら
そんなに立派な家具なんて必要無い!

と考える若者が多くなって当然だと思います。

しかし、タンス1竿にも
素敵なエピソードがあるのは、
人として大きな財産だなぁと私は思います。

このタンスも次の新しいモノに変わり、
新たなご主人さまの所に行くのだと思います


認知症になっても大丈夫!
おひとりさまでも大丈夫!
生活保護を受けておられても大丈夫!


生前整理・家財整理に
お困りの際は、
美鈴環境サービスまで
お問い合わせください

終活・相続のワンストップサービスを
提供しています。

077-576-8222

お見積りフォーム