TEL:077-576-8222

相殺できるといいけど形見としても持っていて

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンこと
美鈴環境サービスの鈴木です。


今日は、先日お伺いしました
遺品整理現場についてお伝えしたく思います。


階段幅が580mm程度だったので、
2階に置かれていましたベッドを
解体しなくてはいけません。

布団上のモノを整理し、
布団を上げ、シーツを外したところ


あれ?

何やら、財布のようなモノが・・・。
経験上200%お金が入っています。
さて、おいくら万円入っているのか?

ご依頼者はお片付け代が相殺できるのか?
といったところです。


18万円

少しだけ足りなかったのですが、
かなり相殺できたので、
遺族はホッとされておられました。

しかも、有難い壱萬円札が・・・。

この漱石さんは、
私が子供の頃には、
ほとんどお目にかかれず、
もらってたとしてもお年玉で、
親の懐に入っておりました。

そして、

あまり使わない
弐千円札も入っていました。

でも、このお金たちは、
他の諭吉さんたちと違い、
特別に大切にされていたんだなぁって
ひしひしと伝わってきます。

このまま1万2千円は形見として
次世代につないで欲しいなぁって
強く思います。


お片付けをしていますと、
このような想いが
伝わってくることが多々あります。

特に孤立死現場や自殺現場などは、
本当に強すぎるくらいで、
つい語りかけてしまうのがクセです。

今回のお客様も
このような場所にあった財布
通称へそくりと呼ぶのですが、

・何かのために
・ちょっとしたおこづかい

使い道は分かりませんが、
宝物だったに違いありませんよね。


京都・滋賀で、
ご遺品整理や生前整理、
残置物処分、会社や店舗の廃棄物、
殺菌消臭・特殊清掃にお困りの場合、
は下記にてお問い合わせください

ご遺品整理は、天国へ気持ちよく
行ってもらうための最期のお引越しです。
心を込めてお手伝いをさせて頂きます。

【相続・終活相談窓口はじめました】
終活・相続相談 – (有)美鈴環境サービス (misuzu-eco.com)

077-576-8222(代表)

お見積りフォーム