TEL:077-576-8222

見積もりにおける注意点その1 追加請求

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンこと
美鈴環境サービスの鈴木です。


今日は、YouTubeチャンネル

家財整理編part.2
見積もりにおける注意点その1
追加請求


についてお話したいと思います。

皆さんがお家のお片付けを
業者に依頼された時に、

「最初に言っといてよ」


と思われることで感じる
追加請求について
まずお話したいと思います。

動画の最後の方に、
お客様がトラブルに
巻き込まれないために
必ず業者に確認して欲しい
文言がございますので、
最後まで聞いて頂けたらと思います


お家のご遺品整理などの
家財整理で、

解体工事で出た
廃材以外の不用品は、
一般廃棄物と決められているので、
市町村に許可をもらっている

家庭系一般廃棄物収集運搬業者


が運搬します。(これが基本です)

ところが、一般では
運べないものがあるのです。

代表的なところでは、
医療系廃棄物と呼ばれる
注射針やインスリンなどの
薬品関係、そして水銀なども該当します。


これらがあると、

特別管理産業廃棄物収集運搬業者


に依頼しないといけません。
他にも、中身の入った液体ものや
クリーンセンターで受け入れが
出来ないものはダメです。

といっても見積もり時に

タンスの中身を
ひっくり返して確認したり、
テトリスのゲームオーバー
みたいな状態の押し入れを
すべて中身まで確認する
業者なんていないと思います。

ですから、
もし上記のようなモノが出てきた場合は、

「追加においくらかかりますよ」


と伝えておかないといけないのです。

こういった配慮が欠けてる業者は、

あとで、

「追加請求された」


などと言われてしまいます。

このような場合の対処と
お客様の対策を動画で
詳しくお伝えしておりますので、
ご興味のある方はご視聴頂けたらと思います。


京都・滋賀で、
ご遺品整理や生前整理、
残置物処分、会社や店舗の廃棄物、
殺菌消臭・特殊清掃にお困りの場合、
は下記にてお問い合わせください

ご遺品整理は、天国へ気持ちよく
行ってもらうための最期のお引越しです。
心を込めてお手伝いをさせて頂きます。

【相続・終活相談窓口はじめました】
終活・相続相談 – (有)美鈴環境サービス (misuzu-eco.com)

お見積りフォーム