TEL:077-576-8222

家庭ごみの厳しいルール 

皆さん、こんにちは。
困ったを助けるミスズマンこと
美鈴環境サービスの鈴木です。

 

今日は、YouTubeチャンネル

家財整理編part.4
家庭ごみの厳しいルール


についてお話したいと思います。

 

さて、皆さんがお住まいの地域で
出されている家庭ごみ(一般ごみ)は、
市町村によって分別が異なることは、
知っておられると思います。

東京環境局では、
ざっと7種類に分類されており、

①可燃ごみ ②不燃ごみ

③粗大ごみ ④有害ごみ

⑤家電4品目 ⑥パソコン ⑦車


となっております。
車が入っているのは、私も驚きました。

皆さんも

「私が住んでいる地域は厳しいけど、隣の街では緩い」


なんてことあるのではないでしょうか。
それくらい、分別には差がまだある状態です。

そして、これは全国共通ですが、
ゴミの図式は、以下の通りになっております。


一般廃棄物 ➡ 家庭系一般廃棄物
        +家庭医療ゴミ

代表的なモノ・・・飲み薬やシップ、
カテーテルやチューブ、ガーゼ、
他にも医療に関するカバンなどです。

※ただし、汚物や液体はトイレで処分、
 針が付いているものは抜いて
 病院や医療系ごみとして処分

      ➡ 事業系一般廃棄物

(事業から出た生ごみ、建設業や
 その関連した製造会社から
 出る紙・木くず・木製の机や食器棚)

※金属系・プラスチックは産業廃棄物

      ➡ し尿
(くみとりや浄化槽があるお家が対象)

このような図式になっており、
遺品整理や引っ越しなどで出るゴミは、
家庭系一般廃棄物と家庭医療ゴミになります。
さらに、一時多量ゴミ(臨時ゴミ)扱いになります。

なので、

家庭ゴミでなければ、
当たり前のことですが、
一般廃棄物収集運搬業者を
依頼する必要はありません。

でも、ゴミの無いお家は少ないので、
くれぐれも法規制や市町村のルールに
従って運搬処分をされるようにしてください。


京都・滋賀で、
ご遺品整理や生前整理、
残置物処分、会社や店舗の廃棄物、
殺菌消臭・特殊清掃にお困りの場合、
は下記にてお問い合わせください

ご遺品整理は、天国へ気持ちよく
行ってもらうための最期のお引越しです。
心を込めてお手伝いをさせて頂きます。

【相続・終活相談窓口はじめました】
終活・相続相談 – (有)美鈴環境サービス (misuzu-eco.com)

※投稿で使用しております画像は、
ブログ内容とは異なるモノを使用しております。